Menu

手仕上げのコストパフォーマンスは良い

0 Comment

印鑑印鑑を作成する上で手仕上げという方法もあります。これは粗彫りという印鑑を作成する上で最も時間のかかる工程を機械彫りすることによって、作成時間を大幅に短縮することに成功しています。そして、時間を短縮しつつも、文字の作成は手作業で行っているので、仕上げは手作業で行われます。そのため細かな部分では手作業が採用されているので、印鑑としての最低限の品質を十分に保ちながらも低価格で販売することが可能となっています。

ネット通販で印鑑を購入する際には手仕上げという方法で印鑑を作成しているサイトを利用すると良いかもしれません。もちろん完全手彫りで印鑑を作成しているところに比べるとセキュリティの面では若干劣りますが、手仕上げであることによって細かな部分ではその印鑑以外に二つと同じものは存在しないことになりますので、価格のことも考慮するとコストパフォーマンスは非常に良いと言えるでしょう。

さらにこの手仕上げの場合、機械彫りも部分的に使用しているため、かなりスピーディーに作業が進められます。ですから、急ぎである程度の品質の印鑑を必要とする場合にはなおさら手仕上げの印鑑がニーズに合っているといえるでしょう。いずれにしても今後何年も使う印鑑となる場合がほとんどですので、価格帯も考慮しながら信頼性もある程度保証された印鑑の作成を行っていきましょう。


▼関連記事▼

  1. 通販で印鑑を購入するメリット
  2. 完全手彫りはセキュリティ面では一番安心
  3. 機械掘りは安いがセキュリティ面では不安