Menu

機械掘りは安いがセキュリティ面では不安

0 Comment

印鑑印鑑作成をするうえの作成方法として、機械彫りというものがあります。これは粗彫りという工程を機械で行うことによって、作業が進められていきます。文字の作成もパソコンソフトを使うことにより簡素化が図られており、仕上げも行われることはほとんどありません。そのため安価な価格で大量に作成している企業では、この機械彫りを使っていると考えてよいでしょう。もちろんいくらソフトが発達していたとはいえ、やはり手作業で行われる完全手彫りと比べるとバリエーションは非常に乏しいと言えます。

つまり、世の中に自分と同じ苗字の人が自分と同じ印鑑を持っているということにもなりかねません。そうなると当然セキュリティの面では非常に不安を抱えることになるでしょう。多くの場合ネット通販ではこの機械彫りによって安価に、また大量にそしてスピーディーに印鑑を作成することが行われています。もちろん自分のニーズによってはネット通販の方が都合が良い場合があるでしょう。しかしながら印鑑登録や実印など重要な印鑑として使用する場合、機械彫りはなるべくなら避けた方が良いかもしれません。長年使用する印鑑であればあるほど、自分の持っている印鑑以外には同じものが出回らないような作成方法で作られた印鑑を持つほうが良いでしょう。


▼関連記事▼

  1. 通販で印鑑を購入するメリット
  2. 完全手彫りはセキュリティ面では一番安心
  3. 手仕上げのコストパフォーマンスは良い